若ハゲの原因と治療法とは

若ハゲの原因と治療法とは

人間の髪の毛は加齢とともに薄くなりハゲてしまうものですが、まだハゲるには若い段階で毛が薄くなることを若ハゲといいます。
若ハゲの原因として考えられるものとしては、その頭皮環境と親からの遺伝があります。そもそも毛は、成長期、退行期、休止期の3つのサイクルからなっており、絶えず生え変わっています。
しかし、これは正常に作用している場合であり、サイクルが上手く行かなくなる、またはサイクルの間隔が短くなってくると薄毛や抜け毛の原因となります。

このサイクルの間隔が短くなる理由が頭皮環境の悪化です。例えば毛穴に皮脂が詰まった状態では、毛が生えにくくなりますし、頭皮の血行が悪くなれば、それだけ毛に行く栄養が減り生える速度が遅くなります。また血行が悪くなる理由としては男性ホルモンが大きく影響しており、これが遺伝によって引き起こされることになります。多くの場合には男性ホルモンの作用が大きく若ハゲの原因の多くが遺伝によるものといえます。

脱毛症の治療では、従来のものでは血管拡張作用のあるものを頭皮に塗ることで、血行を良くし発毛を促進していましたが、現在、使われ、効果も実証されているものでは同じく血管拡張作用があるものの、同時に男性ホルモンに作用して毛が生えやすくするというものが使われています。
また、髪の毛を作るための栄養素が不足している場合には、やはり毛が生えにくくなるために髪に必要な栄養素を積極的に摂ることも重要です。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ