若ハゲと男性型脱毛症

若ハゲと男性型脱毛症

若ハゲと言うのは言葉通り、若い人の髪の毛が薄くなることを意味しています。
若いころから髪の毛が薄くなり始めると、若ハゲなどとからかわれてしまうケースも有りますが、一般的に若い男性の頭皮が薄くなると言う若ハゲと言うのは、男性型脱毛症のケースが多いと言われているのです。

男性型脱毛症と言うのはAGAとも呼ばれており、20代から30代にかけての若い男性に多くみられる薄毛です。
また、男性型脱毛症は進行型の薄毛であり、そのままにしておくと、髪の毛は抜けてしまうとも言われており、早めの治療が大切なのです。

薄毛には色々な症状が在ると同時に様々な原因が有ります。
男性型脱毛症の原因と言うのは、遺伝子による男性ホルモンの乱れによるものだと言います。

男性ホルモンの一種とされる、テストステロンと呼ばれる物質が、体内に在る酵素と結びつくことで、DHTと呼ばれる物質に変換され、DHTが髪の毛の周期を乱してしまうのです。

髪の毛の周期は他の体毛と同じく、成長期、休止期、退行期という3つのサイクルが繰り返し起きており、退行期を過ぎると髪の毛は抜け落ちると言うメカニズムになるのです。

しかし、DHTが作用する事で通常3年から5年のサイクルを持つ成長期の期間が、3か月ほどになり、長くそして太く伸びる髪の毛が短期間の中で抜け落ちてしまい、髪の毛が薄くなるのがDHTの性質でもあり、男性型脱毛症の治療方法と言うのは、DHTを阻害させて、髪の毛の周期を正しくする方法で行われているのです。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ