若ハゲの原因はヘアサイクルの異常

若ハゲの原因はヘアサイクルの異常

まだ薄毛になるような年齢ではない20代や30代の男性の間で、ハゲの症状があらわれる傾向が強くなっています。若ハゲとも呼ばれますが、この年齢から老化が始まっているのかといえば、ほとんどの場合でそうではありません。

若ハゲはAGAともいわれる、男性型脱毛症の可能性が疑われます。男性型脱毛症とはホルモンバランスの乱れにより、ヘアサイクルに異常が発生して薄毛の症状が強く出るもので、何もせずに放っておくと症状が進行することもあるという特徴を持ちます。

男性型脱毛症になると、まったく毛が生えなくなるという訳ではありません。実際には毛が生えているのですが、ヘアサイクルの異常により太い毛が育たないうちに抜けてしまうため、まるで毛が生えていないように見えるだけです。

ヘアサイクルを正常に戻せば、再び毛が生えてくる可能性があります。男性型脱毛症の治療効果は若い人ほど高いとされていることから、若ハゲが気になってきた、できるだけ早いタイミングで、きちんとした治療や対策を行うのが望ましいでしょう。

ヘアサイクルの異常の原因であるホルモンバランスの乱れのきっかけは、日常生活の中に潜んでいることがよくあります。仕事や家庭でのストレス、誤ったシャンプーの方法、暴飲暴食に喫煙、運動不足や睡眠不足などが関係しているとされています。

しかし、実際にはまだはっきりした原因の特定はされていません。規則正しい生活を送り、きちんとシャンプーをしていても若ハゲの症状があらわれたなら、早めに専門の医療機関を受診することが大切です。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ