若ハゲの原因になる生活習慣

若ハゲの原因になる生活習慣

若ハゲはさまざまなことが原因となって引き起こされることがありますが、そうした原因は基本的に「生活習慣」にあります。
ではどういった生活習慣が若ハゲの原因になるのでしょうか。
まず最も注意したい生活習慣になっているのが「バランスの悪い食生活」です。

普段は野菜を食べないというような生活はもちろんビタミンなどの栄養素の不足を招きますし、反対に肉を一切食べない食生活をしてしまうとタンパク質が不足して髪の毛が上手く生えなくなってしまいます。
栄養素は「不足している部分だけを補えば良い」というものではありませんから、バランスの良い食生活を心掛けることが最も大切になるのです。
次に注意をしたいのが「飲酒・喫煙」です。

これらの二つはどちらも高血圧をはじめとした生活習慣病の原因とされていますが、高血圧になると体の血のめぐりは悪くなってしまいますから、頭皮に栄養や酸素を供給する妨げになってしまいます。
特に仕事などでストレスを溜めているため、ストレス解消として飲酒・喫煙をしているというような場合にはストレスも血行を悪化させてしまいますから、若ハゲのリスクはかなり高くなってくるでしょう。

また運動不足も高血圧の原因になりますから、ジョギングなどの軽い運動を習慣づけることも、若ハゲ予防には効果的です。
そして最後に注意したいのが「髪の毛を傷めない」ということです。
日常的に帽子やヘルメットを被っているという人はなるべく被らないようにし、仕事でどうしても頭を保護する必要がある場合であっても頭皮が蒸れると雑菌の繁殖に繋がりますから、できれば休憩中は外すようにしたほうが無難となるのです。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ