シャンプーが原因で若ハゲになる

シャンプーが原因で若ハゲになる?

若ハゲの症状を抱えている人や、若ハゲを予防したいと考えているというような人は少なからず「ヘアケア」に関心を抱くものです。
髪の毛を清潔に保ち、発毛や育毛を促進することによって若ハゲを改善させ、予防するのです。

そうしたヘアケアの中では間違いなく「シャンプー」が使われることとなるのですが、このシャンプーは時として若ハゲの原因になってしまうことがあります。
さて、それではどうして髪の毛の為に行っているシャンプーが若ハゲの原因になってしまうのでしょうか。

ここで最も注意したいのが「シャンプーを使う時にどこを洗うのか」ということです。
多くの人は「髪を洗う」というように答えますが、実は最も洗わなくてはならないのは髪ではなく「頭皮」なのです。
頭皮には多くの毛穴があり、髪の毛はすべて毛穴で発毛した後に成長して長くなっていきます。

しかし頭皮が脂や汚れなどで詰まってしまうと、髪の毛はそこから生えることが出来なくなってしまいます。
そして若ハゲの症状を既に抱えているというような場合、その人は生活習慣などが原因で頭皮環境が好ましくない状況になっていることが多々あります。
そうした人が髪の毛だけを洗って、頭皮を洗わないというようなことになってしまうと、いつまでも髪の毛は生えてこないということになってしまうのです。
シャンプーを使って髪の毛を洗う際には「髪の毛」だけではなく「頭皮の汚れ」を重点的に洗うように意識しましょう。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ