若ハゲをドライヤーで予防する方法

若ハゲをドライヤーで予防する方法

若ハゲの予防は誰しも興味のあることですが、その「予防法」の一つとして知っておきたいのが「ドライヤー」を使ったものです。

ドライヤーを使って温風で髪の毛を乾かすということに「髪の毛を傷めてしまうのではないだろうか」というような不安を抱いている人は少なくありませんが、確かに髪の毛はタンパク質で出来ていますから、温風を当てれば痛むことはあります。

ただしかし、若ハゲを予防するということでいえば「濡れた髪の毛を放置して自然乾燥させる」方がリスクは大きいのです。

ではどうして自然乾燥にリスクがあるのかと言うと、これは「濡れた髪の毛では雑菌が繁殖しやすい」というのが最大の理由です。

若ハゲにはいくつかの原因がありますが、中でも「急激に進行するようになった」というような場合に非常に多いのが「雑菌が頭皮で繁殖することによって、毛穴に炎症が起きてしまっている」というケースです。

毛穴で炎症が起きてしまうと髪の毛を保持する力は弱くなりますから抜け毛に繋がりますし、髪の毛を成長させる力もかなり弱くなってしまいます。

もちろん完全に濡れている髪の毛をドライヤーだけで乾かすとなるとかなりの負担が髪の毛にかかります。
ですが最近のドライヤーだと髪の毛は痛みづらいように設計がされていますから、「タオルでしっかりと水分をふき取った後で、髪の毛から20センチ以上離して温風を当てる」というようにすれば、髪の毛に大きなダメージを与えるというようなことはありません。

また温風で髪の毛を暖めた後は冷風で水分を飛ばすというようにしてもダメージを軽くすることができますから、若ハゲ予防に関心のある方は是非日常生活に取り入れてみましょう。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ