ストレスで若ハゲになる

ストレスで若ハゲになる

ハゲ、つまり薄毛の症状が若いうちに出てきてしまうという症状が「若ハゲ」と呼ばれる状態です。
この若ハゲは「ストレスが原因でなるもの」とされていますが、中には「ストレスで若ハゲになるのは根拠がない」というように考えている人もいます。
しかしながら実際のところ、ストレスが原因で薄毛症状が発生するということは十分にあり得ることなのです。

その仕組みには「ノルアドレナリン」という神経物質が深く関与しています。
ノルアドレナリンは脳の視床下部が強いストレスや長期間のストレスを感じた際に発生させるものであり、全身を巡ることによって体を活性化させ、体の危機から身を守るためにさまざまな作用をもたらします。

しかしその作用の中には「毛細血管を縮小させる」という作用もあり、毛細血管が縮小してしまうと当然ながら、そこに流れる血の量は少なくなってしまいます。
これは「血行が悪くなる」と言いかえることもできるのですが、体の血のめぐりが悪くなれば各部位への栄養素や酸素の運搬は不十分となり、毛髪への血流が悪くなれば「発毛・成長の衰え」という結果があらわれてしまうのです。

直接的な原因となっているのは「ノルアドレナリンによって毛細血管が縮小する」ということにありますが、そのノルアドレナリンの分泌の原因はストレスにあるわけですから、全体的に見れば「ストレスによって若ハゲが発生した」というように見ることもできるでしょう。
ノルアドレナリン自体は人が生きるために必要不可欠な存在ですが、過剰分泌されれば体には良くありません。
ストレスを感じていると言うような場合にはなるべく休養を取り、リラックスできる時間を作るようにしましょう。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ