若ハゲの原因になる食生活

若ハゲの原因になる食生活

若年層の薄毛症状、いわゆる「若ハゲ」の症状には様々な原因がありますが、その主な原因の一つとして知られるのが「食生活」です。
それではどういった食生活が若ハゲを引き起こす原因になるのかと言うと、端的に説明すれば「バランスの悪い食事全て」と言って良いでしょう。
食事は不足している栄養素だけを摂取していれば良いというものではなく、バランスを第一にしなくてはなりません。

肉だけを食べていても健康な体にはなれませんし、逆に野菜だけを食べていても健康な体にはなれないのです。
ただしかし、若ハゲという症状に悩む人が特に注意するべき食生活となるのが「脂質の多い食生活」というところです。
脂質の多い食事としては例えば揚げ物や肉類などが代表例として挙げられますが、こうした脂質の多い食事は頭皮の皮脂の分泌を盛んにしてしまいます。
皮脂が盛んに分泌されていしまうとその油分によって毛穴がふさがれてしまい、新たな毛は生えづらくなってしまいますから、当然ながら若ハゲの発生や悪化に繋がってしまいます。

さらに脂質の多い食事は血液中の悪玉コレステロールの量を増やし、悪玉コレステロールの量が増えれば血液に付着する脂質の量も増えてきてしまいます。
そうなると全身の血管が細くなって血のめぐりが悪くなるために、高血圧などの症状が発生することとなってしまうのですが、血のめぐりが悪くなってしまうと頭髪に必要な栄養素や酸素も行き渡らなくなります。
「最近毛髪が薄くなってきた」と感じるのであれば、まずは毎日の食生活を再確認してみましょう。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ